20101222

Message from Joe Claussell



親愛なるファミリー、そしてミュージックラバーズへ。僕は(スペースラボ)イエローの残念な閉店以来、日本の皆とはパーティを行わないという、苦渋の決断をしたんだ。JoaquinJoe Claussellとして、ここ日本でパーティを開催することがなくなり3年以上が経過している。多くの人がそれを何故だろうと案じている事も知っている。DJの最も大切な役割とは、僕達が生きていく上で音楽はとても重要であるという事を理解してもらう他に、皆、僕、そして全ての人々の存在が音楽と同様にとても重要だ、ということも皆(ミュージックラバーズやダンサー)に理解してもらえるように導く事でもあると感じているんだ。

皆のダンス、歌、そしてエネルギーが無くては、クラブが存在し得ないのと同様に、僕達やDJ Joe Claussellも存在し得ないんだ! そして、僕達に元来期待されていたものを僕らが成し遂げたならば、僕達はクラブカルチャーが、如何に大切なものであるかに気が付くはずだ。そしてそれは、僕達が過去に成し遂げてきた以上に、活気に満ちたミュージックシーンをもたらすんだ。というのも、家族や親しい友人に加えて世界を一つにするのは音楽なんだ! このメッセージを皆に伝えそびれていたことを深くお詫びするよ。多くの人達が(スペースラボ)イエローを懐かしんでいることは知っているし、僕もその一人だ。イエローが僕達に与えてくれた素晴らしい日々を捨て去る事は出来ないけれども、実際のところ、今、僕達はその当時よりも、もっと踊り、更に大きな声で歌い、更に大きく一体化すべきなんだ!!

踊ることを止める事は、イエローのような音楽の殿堂が僕達に長い間与えてくれた素晴らしいものを捨て去ること、そして僕達が生まれながらにして持っている自由を僕達の自らの手で剥奪してしまうことなんだ。現時点において、踊る事と音楽を聴くこと以上に自由なものは何も無い。僕達は、未来永劫に続いていく僕達の孫子達も踊れるように、音楽と活き活きと輝くスピリットを保ち踊り続けなくてはならないんだ。更に重要なことは、地球から生み出されるリズムに耳を傾け理解することなんだ。

これらの考えと共に、僕は皆に"Resurrections"(再生)と名づけたこの僕のツアーにJoinして欲しいんだ。そこで僕は皆、音楽、そして僕達の未来に対して僕自身の全てを捧げるよ。僕達の歌声とダンスを通じて一緒に僕達以外の他の人達にも、この再生と結束の祝福へJoinしてくれるよう呼びかけよう。僕達は音楽を聴く事、踊る事に対して若すぎるわけでも年を取りすぎているわけでもない。

自分らしく、ありのままで!
Joaquin "Joe" Claussell


いよいよ今夜です

0 件のコメント:

コメントを投稿